暗黙の必須資格とは?

用務員と自動車運転免許


全ての自治体の用務員に必要だとは言わないが、採用条件として普通自動車の運転免許が必須なことがある。

そのような場合、学校に公用車が配置されている場合があるためだ。

ちなみに学校での公用車を利用した一般的な業務として、

  • 文書送達(学校→市役所・教育委員会など)
  • 資材の購入と搬送
等があるためだ。




運転免許証が必須の地域もある


都市部だと自転車で送達する場合も多いのだが、地域によっては送達距離も長く、自動車(公用車・自家用車共に)利用する機会が多い。

また、地方によっては採用条件に運転免許と書いていなくても、実際には運転免許証の所持は当たり前すぎて記載していないことすらある。

その場合、運転免許証が未取得なら採用面接以前に書類選考で即アウトである。

本来なら募集要項に書くことだが、その辺の親切さは各自治体にもよる。

ただ一般的に、田舎は不親切なことは多い。


実は一番使える資格


個人的な話で恐縮だが、資格は十数種ある。

その中で、絶対に最後まで残す必要があるのは自動車の運転免許証でしかない。

おそらく、大多数の資格保有者に言えるだろうが、せいぜい「運転免許」+「仕事関係の資格」で人生の大半を済ませているとは思う。

実は資格は沢山あっても、一部の業種を除けば意外と仕事に必須な資格は限られるのだ。

それに運転免許に関しては、仕事に限らずプライベートでも一番使う。

一番の利用価値は身分証明書になるからだ。

よって、最低でも普通自動車の運転免許は自身への投資として取得した方が良い事なのは言うまでもない。

用務員になる前に必要な一番の資格は、まずは普通自動車の運転免許である。

きっとそれは、あなた自身への最高の人生への投資になるのは明白である。




あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』









種類別ー用務員の記事はコチラから