用務員と言うだけで世間から見下される


様々なニュースがあるが、こと用務員絡みの事件は「会社員」や「職員」ではなく、わざわざ見出しに用務員と打たれる。

職業差別が云々と言うつもりはないがそらが事実である。

参考までにそのようなサイトを見てもらえればわかる。


悪意以外の何物でもないが、その理由もあり

細かいことは別にして、世間からの用務員への目線は厳しい。

しかし、同時に言われても仕方ない職員がいることも確かである。

そのような者が足を引っ張り、日々の努力の積み重ねを潰す。

だが、仕事について体系化できなかった面があることも否めない。

それで一般的に、茶くみや掃除してるイメージしか持たれない。

用務員も、もっと仕事内容についてのアピールは必要である。


見える化のススメ

良くも悪くも、日本は資格天国である。

そう言った意味では、仕事に関する資格は取るべきである。

直接的な待遇改善には、すぐにはならないかもしれない。

だが、そうしたアピールは必要である。

なぜなら、世間は思う以上に無能な面がある。

だから、懲りずに資格商法が残っている。

ならば、そうした手段かまあるなら、使ってみるべきである。

たったそれだけで、用務員のイメージが少しでもアップするなら、しないよりするべきだろう。

何事も、そうした努力から改善は始まる。

先人達も、そうしてきたからだ。














種類別ー用務員の記事はコチラから