用務員採用面接での必勝法


用務員の採用試験の面接では、通常の就職面接では聞かれない内容もあります。

これらは公表されることは少ないので、実際に面接を受けた人しか知られません。

そこで今回は、用務員の採用面接で聞かれやすい事柄と、注意すべく質問内容について説明したいと思います。



まずはリラックスすること

用務員の採用面接と言えど緊張するものですが、心配する必要はありません。

基本的に、試験の成績だけで落とすことが面接の目的ではないからです。

面接の前に、実際には書類や筆記試験(作文)を行いますが、それは選考するための一部でしかありません。

最終的にはバランスが取れた人を採用します。

なので、まずは全てにおいて、最低ラインをクリアすることが何より大切です。

例えば、筆記が抜群に良くても面接が平均以下なら落ちますし、その逆もあります。

だから面接試験で大切なことは、普段通りの受け答えです。

当然ながら、普段に問題があるようでは、試験の時だけに誤魔化すことはできません。

面接官も数多く面接をするプロですから、一瞬でも辻褄の合わないことを言えばすぐわかります。

受け答えは記録され、後で協議し採点されます。

もちろん、人には間違いもありますが、それを防ぐため、多数の面接官がいるのです。

ますば素直に、面接官の目を見て、問われた質問だけ答えるばいいのです。


事前に知っておくと良い事

普段の受け答えがまず大切ですが、次に必要なのは事前の情報収集です。

そのような情報の収集の有無で、面接官に熱意が伝わります。


細かい事は、このブログに書いていますので、そちらを参照すれば、殆どの用務員の採用面接で応用できると思います。

用務員の仕事は多岐に及ぶので、採用側も無理は求めません。

その中で大切なものは、何か問題が発生した時に、自分で調べる努力ができるかいなかです。

わからない問題が発生した場合、どのように対応するかが大切です。


面接でのポイントの仕事の中身より安全性

そして、一番大切なポイントは、自身の身を守ることです。

わからない自体が発生した場合には、特に注意が必要です。

用務員の作業中の事故では、転落事故が特に目立ちます。

そのような事故を起こさないためにはどのようにすれば良いか、自分で調べるくせをつけましょう。

資格関連や求人雑誌等でも、安全作業に関する手引きが載ってることもあるので、面接前に一度は見てみるといいでしょう。



終わりに

基本的に面接では、社会人としての常識があれば気にする特に必要はありません。

付け加えるなら、用務員の仕事内容は危険なものもあります。

わからない事や出来ない事があれば、正直に管理職に伝える事を面接官に伝えましょう。

そこが面接官が一番気になるところだからです。

大きな事故は本人だけでなく、周囲を巻き込みます。

その点を忘れないようにして下さい。











種類別ー用務員の記事はコチラから