大人ニートが再チャレンジできる仕事


中高年ニートが問題になる中、受け入れ先の企業が少ないことも問題の一つです。

そんな中、比較的に大人ニートを受け入れやすい仕事場に用務員の職場があります。

では、なぜ受け入れやすいのか、今回は説明していきます。



学校にはノルマがない

基本的に学校の仕事にノルマはありません。

あったとしても、何かしらのイベントの時くらいです。

そんな時は職員全員で動くので、みんなでカバーしながら準備を進めます。

だから、ノルマらしいノルマはないのです。




子供が主体なので遅れて当たり前

子供相手の仕事場では、物事は時間通りに進まないものです。

そのため、日頃から遅れ慣れな面があります。

よって、学校の先生にも時間にルーズな人も多く、多少の遅れは問題になりにくいのです。



毎年のメンバーチェンジ

学校では職員の入れ替わりが多く、民間企業のような古参はいません。

ある意味、みんな新人見たいな立場ですから、極端に偉そうの古株は存在しません。

そのため、様々な意見が言いやすい環境とも言えます。

なので大人ニートが混ざっても、あまり違和感もありません。




嘱託採用が増加中

近年は用務員の定年退職者が大量に出ており、毎年かなりの数の新規採用がされています。

募集年齢も、64歳までのところもあり、大人ニートにも優しい条件のところも出ています。


年末から年始にかけ来年度の募集が増加します。

年間を通して臨時採用も随時募集しているともあります。





募集対策を知ると職歴は不問?

募集される用務員には、必ずしも職歴は問われません。

実際、長くの無職期間があった人も採用されています。

詳しい採用対策はメルマガに登録した方限定で配信していますが、多くの人が実際に採用されています。

興味があるかた、メルマガをご覧下さい。




種類別ー用務員の記事はコチラから