用務員になるなら派遣がオススメ?直接雇用よりメリットがある理由とは。



公共の施設や福祉施設、また会社などにも様々な場所に用務員と言う職種は存在しますが、こと学校の用務員の仕事とは全くと言ってもいい程、違うものはありません。


それに加え、学校用務員の仕事は採用先の各学校によっても仕事内容は大きく違うことがあります。

学校の用務員として直接雇用され喜んだのはつかの間、想像していた仕事内容とのあまりのギャップ新年度早々に離職なんてことも多々あるのです。

仕事内容が違う最大の理由は、実は雇用契約の違いです。

その違いが発生する違いとその理由について今回は解説したいと思います。


そもそも学校の用務員の仕事とは何なのか?

学校用務員はどんな仕事をしているのかを簡単に言えば、本来は学校内の環境保全です。

しかし、必ずしも単なる作業員としての仕事だけでなく、校務や事務処理などの仕事も含まれることもあります。

なぜそのような事になるのかと言えば、

管理職(校長・教頭)が校内の法律だからです。

本来、雇用契約の範囲内で職務を割り当てるものですが、直接雇用の場合、越権行為(パワハラ)も多く発生します。

特に世間を知らない教師が管理職の場合、もはや無法地帯に近いこともよくあります。


文書通達や入金業務もある場合も

雇用契約内で教育委員会等と学校間の文書配達や入金などのような業務も含まれる場合もありますが、明記されている場合なら問題ありません。

しかし、明記されていないにも関わらず、それらの仕事を割り当て、勤務中にも関わらず自己責任で行うように指示された用務員もいます。

本来、管理職研修の中で用務員の扱いや職務範囲の説明を受け、適切に取り扱うように指示を受けます。

しかし、そんなこと聞いてない(覚えていない?)人も多く、指示してはいけないことを平気で指示する人もいるのです。

この辺は管理職の能力が低ければ低いほど、その傾向は強くなります。

はっきり言って、構造的にはブラック企業と同じです。

本来、そのような組織で仕事をしたくないから用務員になりたいと思う人もいますが、実際に用務員として採用され、配置されるまでわかりません。

管理職の能力差が用務員の待遇に直結します。



つまり管理職が指示すれば、用務員は自己責任で何でもさせられる可能性を常にあるのです。



管理職によっては人手不足や業務の多忙を理由に用務員に事務仕事をさせる事もよくあるのです。


だからと言って、用務員の仕事もする事には変わりませんから、二重苦な職場もあります。

ハズレの管理職に当たらなければ良いだけですが、それは運だけです。

祈るしかありません。


派遣会社に所属する用務員

近年、ひっそりながら増加傾向にある派遣会社から用務員です。

用務員の仕事を長く続けたいと思うなら、実は直接雇用されるよりも派遣会社から派遣される方が待遇面も含め、実は知る人ぞ知るとてもオススメな方法なのです。

直接雇用の場合、学校の一職員として学校行事等に振り回されたり、校務に関する仕事を多く担当することが多々あります。

学校とは多忙な場所なので、勤務時間管理はルーズな面が多く、用務員と言えどサービス残業を抱えることも少なくありません。

そのような勤務について改善を求めても、直接雇用の場合の多くは管理職に契約打ち切りの脅しともとれるパワハラも少なくなく、泣き寝入りするのが実情なのです。

その場合、労働組合に加入することで対応は可能ではありますが、その代わりに加入すると多額の組合費を徴収された上に、左翼系の選挙運動に駆り出されるなど、プライベートも労組にどっぷりはめられます。



パワハラ管理職左翼労組に挟まれてメンタル的にアウトになり、結局は離職する人もい少なくありません。



しかし、派遣会社に所属する学校用務員になると、そのような対応については派遣担当者が学校との間に入り受けてくれます。

派遣社員の場合、

定められた業務内容料金設定契約で守れている

ので、仕事内容や勤務時間は明確です。


派遣会社というクッションがあるため、パワハラやサービス残業等の発生もなく極めて良好な勤務となり、大きなトラブルも起こりにくいものとなっています。

就職に置いて大切なのは、雇用契約と料金の関係です。

正社員の場合、その点が曖昧になりがちです。

そのため、極端に言えば管理職の気分次第で職務内容は大きく変化します。

正社員(正規職員)の実態とは、食べ放題と同じで使い放題契約です。

実際、好き勝手に使えるメリットが大きいからこそ、用務員は直接雇用する事例が多いのです。

しかし、国の方針は外部委託化の流れなので、学校用務員の仕事も今後の傾向としては直接雇用よりも派遣会社を経由し働く事が一般的になり、直接雇用より派遣用務として働く方が、給料や待遇、安定性を含めて今後の主流になる事は間違いないでしょう。

もし現在、在職中の用務員であるならば、とりあえず派遣会社に登録をしておいて、良いタイミング(例えば夏休みや年度変わり)で転職する事を視野に入れておく事と、待遇面が悪化したり、管理職のパワハラが発生した場合にも焦らずスムーズな転職が可能になります。

在職中に登録するメリットは、良い案件が来るまで待てる事です。

良い案件はいつでも出ませんから、気長に待つ事が大切です。

在職中から転職活動をする事が、高待遇を得るための秘訣です。

今が良くても悪くなることは多々あります。

また、経験が少なくても客観的に自身の評価が見れるのも派遣会社登録のメリットです。

今の自分にどんなスキルが必要なのか見えて来ると思います。









種類別ー用務員の記事はコチラから