やたら細かい募集要項には要注意!すでに合格者が決まってる?


用務員への募集に限らず、役所関係の募集の中には、とても細かい募集要項で求人募集されることがあります。

そのような場合、すでに合格者、または合格させたい者が存在する場合があるのです。

近年、そのようなコネ採用は減っているものの、稀にそのような募集があります。

では、なぜそのような求人が出るのか?

その点について解説していきます。



役所の実情は人材難

先行き不透明な時代のため、公務員人気は相変わらず高いものがあります。

しかし、いざ公務員になると、そのイメージと現実の違いに、退職する人も多いのが近年の特徴と言えます。

確かに、バブル景気が崩壊後の頃は、公務員は高待遇の時代がありました。

その理由は、公務員の給料などの給料は、民間の水準を出した後に給料が決まるからです。

よって、本来なら好景気時の給料の水準が、景気後退後に反映され、目立つ結果になったのです。

更に、公務員の給料はいきなり下げることはなかった(逆に上がりにくかった)ので、いつまでも当時の水準を維持したので問題になったのです。

そして現在、修正された水準に戻りつつも、昔より業務量が増えたため、その仕事内容と給料で比べると、むしろ安くなったと言えるのが、現状です。

そのため、優秀な人材は公務員になることを敬遠するのが近年の傾向でなのです。


優秀な人材確保をする場合、求人はオーダーメイドされる

民間企業では当たり前ですが、必要な人材を選ぶ場合、会社の都合のよい人材を探すことになります。

公務員の採用の場合、公募の形で採用されるのが原則です。

しかし、公募しても、必要な人材でなければ業務に支障がでることは明白です。

そのため、特殊な技能が必要な仕事などでは、前もって有用な人材をストックし、その人物に合わせたような募集要項を作り、試験を行うこともあるのです。

そのような求人だと、他の人が応募しても選抜されにくくなります。




現状の用務員採用試験では

以上までは、特殊な事例ではありますが、公務員の採用試験の本質としては、社会情勢に影響されるものです。

よって、公務員になるためには常に公務員試験を受けなくても、採用されることはあります。

用務員の採用試験についても同じように、筆記試験や面接まで受けて採用された人から、面接もなく、臨時採用から自動的に正規職員になった人もいるように、その時々の時代で大きく違うのです。

現在、用務員の仕事が非正規雇用になってきたのも、そんな時代の反映と言えるでしょう。


空前の採用増

非正規雇用である用務員ですが、採用数は増大しています。

正規職員の退職者不補充のためですが、ノルマはメンタル的な負担、また仕事の休み易さから言えば、用務員の仕事は魅力的な面があります。

今後、その傾向は更につよくなるでしょう。


季節外れの採用に注意

そんな用務員ではありますが、たまに少人数ながら、季節外れの募集が出る場合があります。

そのような場合、勤務中の用務員の病休や産休の代替の場合が多く、事前に用務員経験者に勤務への打診がされている場合があります。

そのような場合、経験者が優先されて採用されたりします。


それでも応募する理由

この記事の前述のように、ある程度採用される人が決まってある場合はあります。

このような場合、普通なら応募する気も失せます。

しかし、このような状況の時こそ受験することで、次回の採用シーズンを前に人より経験もアピールも可能になります。

基本的に昨今は人材不足であり、良さそうな人のストックは欲しいのが本音です。


このような時こそ、採用、不採用は別に、自分自信を売り込むチャンスなのです。

特に不採用の時こそポジティブに考え、次回の採用の布石と考えるとよいでしょう。

採用がわも人ですから、良い心証が残ります。


夏季の臨時募集の担当者は、来期の採用を担当する可能性も高く、その辺の理解があると、来期の採用への投資と思ったらいいでしょう。





種類別ー用務員の記事はコチラから