ゆるい仕事の最高峰に用務員はある

ゆるい仕事を探す人は多い。

しかし、どんな仕事がゆるいのか?

それは、その仕事に就かないとわからないものです。

では、用務員とはとんな仕事か?

それを簡単に示してみます。



人間関係が少ない

用務員の仕事では人間関係は多くなく、一人黙々とする作業が多く、むしろ人と話さない時間の方が多い位だったりします。

用務員の主な仕事は校舎の内外の清掃や設備管理のため、校長などの上司がいるものの、殆ど野放し状態です。

もちろん、定められた作業はあるものの、自分のペース配分で仕事が出来るのは、用務員意外にの仕事では、少ないでしょう。


ノルマがない


用務員にはノルマがある仕事はありません。

仮に納期があっても、来週とか来月までのような、アバウト過ぎるような依頼が多かったりします。

中には緊急性があるものもありますが、仕事量としては、圧倒的に少ないです。

また、定時帰りが当たり前なので、高度な対処能力も不要です。



給料は安いが休みは多い

そのような仕事なため給料が安い反面、仕事は休み易いのが実情です。

その分、自分の趣味やスキルアップ、投資を得意とする人が多いのも用務員と言う仕事の特徴です。

緊急が少ない=責任も少ない

そのため、メンタル的には良い職場環境と言えます。

まとめ

給料はそこそこ、責任がなく、定時に帰れて休み易いのがのが用務員と言う仕事です。

興味があるなら、地元の市役所などの求人募集や、ハローワークの臨時募集などを見てみると良いでしょう。





種類別ー用務員の記事はコチラから