仕事とは意識が高さではなく、求められたパフォーマンスを発揮するもの

画像として意識が高い人を表示しています。

意識が高いのは悪い事ではない。

だが、力の入れ場所によっては単なる徒労に終わる。

同じ労力でも、効率が悪ければ結果に差が出るのは言うまでもない。

最小の努力で最良の結果を目指す、それには段取りが必要である。

では、「その段取りをどうすればよいのか?」

今回はその段取力について話したい。

では、本題に入ろう。

仕事には二つの種類が存在する

仕事には大きく分けて二つの出来栄えの世界がある。

一つは極め的完成系。

例として自動車製造業などは、最たるものだ。

マーケティングから品質管理まで、徹底した職人的な世界である。

トヨタではないが、製造工程において、踏み出す足一歩の歩数まで無駄な動きを管理される世界である。

完成度が求められるため、製品に汚れ一つあればクレームものだ。

次の二つ目の世界は対処系である。

一般的には「運用」と呼ばれる世界である。

例として、運輸、通信系など、完成された製品を活用する世界のことだ。

例えば鉄道輸送の場合、古くて汚い車両でも、時間通りに安全に運んでくれることが、最良の品質である。

この世界の場合、安全に動かすことが商品であり、見た目や乗り心地などは、選択肢の中ではニの次である。

もちろん、用務員の仕事は学校運営をサポートする仕事なので対処系である。

授業の運営が最優先なので、修理一つにしても高品質の完成よりも、早期の復旧による授業の再開を第一に望まれる仕事であるのだ。

優先順位の見極め方

よって用務員の仕事の場合、仕事における見た目の美しさより、短時間での復旧(修理や授業関連の準備)が望まれる。

なので、許される時間内における可能な限りの完成を目指すことになる。

そのためには、先にゴールと言える完成系のイメージを完成させることが、最初の作業と言える。

例えば石膏ボードの壁が敗れ中の電気配線がむき出しになった場合、手持の材料がベニア板しかないなら、適当な大きさにベニア板を貼るしか選択肢はない。

一々、手持のない石膏ボードを注文し、敗れた部分を全て外していたら、短時間での復旧は無理である。

もちろん、同じ材料で貼り替えれば見た目も美しくなるが、学校では安全が最優先される。

よって、材料が手に入るまでの間は、その近辺は立ち入り禁止となる。

そうすればスペースが奪われ、多少なりとも授業に影響が出る。

それよりも、少しでも早く、その場を使いたいのが教員の本音だ。

もちろん、入学式前や卒業式前などなら、綺麗にすることは優先されるが、その時は必要な時間として作業時間は確保される。

よって、用務員の段取りとは、必要な時に必要な作業量を行えばよいのだ。

これは用務員に限らず、どの業種でも言える。

求められる仕事に徹すること

大切なことは、仕事の依頼者が最低限満足する要求を早く提供することである。

これは全ての仕事に言える。

経営者ではない場合、仕事とは雇用者(管理職を含む)の意図に対し、素早く労力を提供することに尽きる。

雇用者の要求とは、仕事の出来不出来より、時間内に要求するパフォーマンスが欲しいだけなのが本音だと言うことを忘れてはならない。

仮に仕事の出来がよくても、時間内に仕上がらないのは最悪とも言える。

その辺を考慮すれば、自ずと段取り力は上がる。

あなたの段取り力向上を望みたい。





種類別ー用務員の記事はコチラから