嫌な奴ほど観察すべし


職場に限らず、嫌な人はどこにでもいるものだ。

しかし、あなたがどんなに金持ちになって、どんなにワガママが言えるようになっても、人がいる社会にいる以上、嫌な奴そのものに遭遇する率は大差ない。

だが、遭遇率は同じと言っても、職場という環境では、遭遇する確率は同じと言っても、勝手な離脱が許されない。

よって、遭遇後の拘束時間が長く、より長く感じるものだ。

そのため、「人間関係で悩む」根本的な部分とは、このような時間の長さこそ、問題なののだろう。

ちなみに用務員の仕事は単独仕事が殆どで、自ら計画を立て行動ができる。

そのため、上記のような人間関係の悩みは少ない。

但し、孤独に耐えれる必要はある。

そこで今回は、そのようなネガティブの状況の時に、どのようなスタンスで対応するべきかについて考えたい。

もちろん、無理して耐えろという趣旨ではなく、どのように考えれば、その場を切り抜けられるかの話である。

では、本題に入る。



公務員試験 ブログランキングへ


にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ
にほんブログ村


嫌な人がいるのは正常の証


多くの人は学校教育を受け、その中で「誰とでも仲良くしなさい」と教えられているのが大多数だろう。

だが、これほど嘘な話は無い。

この論理なら、根っからの犯罪者(医学的に先天的な)とも、国同士なら独裁者とも仲良くなるはずだが、大人の世界では通常、そのような連中とは関わり合いを持たない事が普通である。

学校でそのように教えているのは、元々が労働者の養成工場であるからだ。

昔の会社や工場などでは、個人の能力以上にチームワークが尊重されていた。

それは人力仕事に頼る側面が強い。

その違いが視覚的によくわかるのは、東京証券取引所を見ると理解しやすい。

昔の取引所は、とにかく人力である。


バブル以前、証券マンは激務で、学生には基本的に不人気な仕事の一つではあった。

そのような場合、体育会系の先輩が後輩を問答無用で入社させたり、今考えたら学生時代から縦社会であり、現代ならパワハラのみの世界であったのだ。

しかし、このような人力の時代背景の裏は、IT化が進んでなかっことが最大の理由である。

IT化とは、このような手仕事を機械(コンピューター)が処理し、空間をインターネットが縮めたと言えば、当時との違いがわかりやすいだろう。

なので、IT化以前の当時の学生は、嫌でもこのような泥臭い人間関係の中に入らねば生きていけなかったのだ。

一方で、ちょっとした事でも出張(空間移動)する必要もあり、一人になる時間などもあった。

よって、要領次第では、嫌な奴と合わずに済むための余裕時間も実は作りやすかった。

だからこそ、昭和の時代しかしらない老人は、今の組織社会を理解できなくて当然かもしれない。

だが、人の感覚や感情は今も昔も大差ない。


モバイル通信が個人を拘束する


90年代初頭頃から、サラリーマンにも徐々に携帯電話が普及し始め、格段に便利になっていった。

当時は会社によっては携帯が支給され、出先から電話を掛けても相手方は事務所から連絡してると勝手に信じたりしていた位だ。

個人使用もしていたりしたが、極端に使わなければ何も言われない程ゆるい世界であった。

そのような世界で携帯があると、携帯も自由になるためのツールとなる。

何か問題があれば即呼び出しが可能だあるから、仕事をサボって漫画喫茶などで過ごすための守護神となっていた。

しかし現在、携帯で即つながる事が前提の社会となり、昔に比べれば息苦しい社会になってしまった。

これは別にノスタルジー的な話ではなく、スマホの普及とともに、個人の空間へ簡単にSNSによって、他人があなたのプライベートの空間に侵入することがストレスになる本質である。

その私的空間に、自分の感覚と違う者が入る隙があること自体が問題なのだ。


嫌な奴は自身の対極にいる


自身の空間に異質なものが侵入すれば、それだけでストレスになる。

つまり、あなたの世界観を邪魔しているのだ。

しかし、それはあなたの世界観と対局の世界を生きている者が侵入した訳だから、違和感があるのは当然な話だ。

よって、あなた自身がどのような人なのか客観的に見るには、その嫌な奴を見ればあなた鏡となるり自身が見えてくる。

例えば、やたらハリキッてる意識高い系な人に嫌悪感があるなら、あなたはマッタリ派である可能性は高いし、逆に緩い人を見てイラつくなら、あなたは意識の高い能動系の人間の可能性は高い。

このように、イラつく相手を見るだけでも、実はあなた自身が見えるのだ。

もし、そのような相手が現れたら鏡とみなし、よく観察をすることを勧める。

まずは、己を知ることが大切である。

そのように視点を変えるだけでも、幾分は気分は変わってくる。

もちろん、それで人間関係が解決する訳ではないが、所詮話あったりした所で、大の大人の意識などそう簡単に変わらない。

唯一、すぐに変える事が可能な方法は、あなた自身が変わる事である。

そこで自分を知ることで、目指す方向性を知れれば、それまでの嫌な奴が、あなたの分析ツールとなり、あなたにとって有益な存在になるだろう。

もっとも、それが無理ならその場を去る(仕事を辞める)のは言うまでもない。



編集後記

メンタル面のストレスを減らさなければ、より良い生き方をするのは難しい。

そのために、用務員の仕事をすることも、人生の選択の一つになるだろう。

まずは自分の時間を作ることが先決なのだ。

時間を作り、己を鍛えるにも多少なりともお金は必要だ。

非正規の臨時・嘱託の用務員は、その程よいバランスが取れている仕事である。

有期雇用ではあるが、人生の大切な見直しの際には活用するのも良いとは思う。





種類別ー用務員の記事はコチラから