女性用務員が役立つ資格とは?


昔に比べ、学校用務員の仕事の幅は、広くなっている。

用務員の仕事と言えば、力仕事ばかりイメージしてしまうが、そればかりではない。

昨今は教員の仕事も忙しく、用務員にも教員の補助的な業務も増えている。

例えば、理科室や家庭科室で授業の手伝いや催し物の準備など、本来の教員の裏方仕事も年々増加している。

そのような実情があるため、細やかな仕事が出来ることも、学校では頼りになる場面も少ない。

いずれにせよ、「用務員=男性の仕事」の時代ではないのだ。

そこで今回は、女性の特性を最大限に生かすために、用務員採用面接でアピール効果のある資格について紹介したい。

もちろん、男性も当然ながら生かせるものである。

では、本題に入ろう。



公務員試験 ブログランキングへ


にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ
にほんブログ村



用務員の仕事には製作物が多い


学校と言う場所では日頃から製作物が多い。

用務員の仕事の場合、主なものとしては看板などの表示物である。

もちろん、今では基本的にパソコンで描画するのが殆どである。

カッティングシートを使ったものについても、カッティングプリンターで切り込むので、手先の器用さもさることながら、デザインセンスも無いよりあった方がよい。

用務員の仕事のは、そのような場面が多いのだが、パソコン系の資格もさることながら、実際に役立つ資格と言えば実は色彩検定である。

色のバランスやコントラストは、看板などの見易さに大きく影響するので、特に注意書きの看板には重要なものである。

同じ手間で作った看板だったとしても、視認効果が薄くなってしまうのでは困るものである。

資格取得云々は別にしても、色彩検定のテキストを一読すると、学校用務員の仕事にも幅が出せるには違わない。

用務員を目指すなら、是非とも勧める物の一つと言える。



色には雰囲気を一転させる効果がある


私が用務員になってすぐの頃、遊具のペンキ塗りにしても、それまでと塗られていた色を上塗りするだけで、あまり意識はしなかった。

ある年、予算の関係上ペンキを買えなくなり、止む得ず白と青のペンキしか買えなくなったしまった。

その2色で、どうにか誤魔化せないかと考えた末に、ギリシャ風のカラーに統一した。

しかし、これが予想外に評判が良かった事があったのだ。

それらの遊具は、元々は運動場の隅にあり、あまり人気はなかったのだか、それからは何故か子供が溜まるようになった。

その時は結果論であったが、その後はそれらを応用する事で、様々な場合で応用が出来る事を知り、多少ながらだが、私は色についても学ぶようになった。

色にはそれぞれの心地良さの特徴もある。

色を学べば、意図的に人を誘導する事も可能なのだ。



様々な場面で応用が利く


用務員の仕事にかぎらず、色は様々な仕事の場面で応用が利く。

品物の配置から工場の生産ライン、事務仕事まで、様々な場面で色選びは仕事の効率化につながる。

また、色の学習は色の判別がつきにくい人の為のユーザビリティ(見易さ)向上にもなる。

色の選びと言えば、一見感覚的にも感じるが、そのようなもの程、学ぶ事でより誰に対しても対応力を増すものでもある。

色彩検定は、それらを体系的に学ぶには、最も入門に適した良い教材である。

学校ではよく、バサー等もあるが、そのような場面でも色の応用の場面は尽きない。

仕事から趣味まで、色とは万能に使えるものであるのだ。



編集後記

今回、女性の用務員希望者向けの題材になったが、実際には女性より男性の方が、意識的に色彩についての学習はした方がよいだろう。

女性の場合、普段から様々な色選びの機会が多いが、男性の場合には、そのような場面は格段に少ない。

逆に言えば、色彩学習については、女性の方がよりアドバンテージがあると言える。

いずれにせよ、メリハリがある色のある生活は、あなたをも豊かにする。

あなたが用務員になる時、その才能を存分に発揮する手段として、色彩検定が役立つことを祈りたい。





種類別ー用務員の記事はコチラから