ビルメン必見!用務員になったら嬉しい誤算で給料だけが突然エリートになっちゃったワケ


ビルメン(設備管理員)と学校の用務員の仕事には、多少ながら共通部分があります。

どちらも、施設の管理の仕事である点です。

より正確に言えば、学校用務員の業務の方が、ビルメンと比較した場合、その難易度低いものとなります。

言わば、ビルメンのダウングレード版の仕事と言っても差し支えないでしょう。

その一方で、収入面で言えば正規職員で勤続20年の学校用務員の平均所得は、約600万円と言われています。

場合によってはそれから管理職に昇進した場合、年収が1000万円の職員も存在する自治体もあります。参考:年収1000万円超えの用務員は存在するのか?

給与削減等で年々厳しくなっていますが、いずれにしてもビルメンの平均給料に比較し、高収入な事に変わりありありません。

これは世の中のサラリーマン全てに言えますが、仕事の能力と収入は比例しません。

そこで今回は用務員に転職した元ビルメンの例に、ビルメンから用務員への転職した際の事例を紹介したいと思います。

尚、話の中身は実在の現職をモデルにしているため、多少話を変えて説明しています。



ビルメンテナンスの世界

ビルメンテナンスの世界の給料の相場は一般平均よりも安い事が知られてますが、一般平均では年収300万円前後と言われています。

決して多くない収入ですが、ビルメンの仕事にはそれなりのメリットもあり、退職者数も多い反面、新規に入る人も多い業界です。

職場によって状況は違いますが、一般的なビルメン職場に配属された場合の状況をまとめると、以下のようなものです。
  • マッタリ職場、休みが多い
  • 仕事中にも資格取得の勉強ができる
  • 顧客を含め、コミュニケーションを多く必要としない

これらの点については、人と関わりたくない人や自分の時間を確保したい人にとっては、他の仕事と比べれば大きなメリットです。

特に対人関係が苦手な場合、ビルメンテナンスの仕事なら、一般的な仕事と比較すると、対人関係での悩みは少ない傾向なのは確かです。

なので、元ビルメンから用務員(正規職員)になった方に言わせれば、ビルメンテナンス以上に居心地が良い職場は無いと思っていたそうです。

しかし、そんなビルメンテナンスの仕事も収入が低く、家庭の事情により転職を考え、その人は仕方なく学校用務員の採用試験がある事を知ったことで受験。

そして合格し、学校用務員の仕事に転職されたそうです。



用務員の世界

基本的に、ビルメン職場から学校用務員の仕事に応募する人の多くは、最初から各種資格(ビルメンテナンス関係)を保有して転職してきます。

そのため、採用されやすい傾向にあるようです。

なぜ、そのような応募者が多く採用されるかと言えば、用務員の仕事に対しての世間のイメージに、”誰でも出来る雑務員”と言うイメージが定着しているため、応募者の質も低いのが現状です。

しかしながら、学校の整備を担当する用務員の仕事は、現実的に誰でも出来る仕事ではありません。

そうしたことから採用側としては、元ビルメンを採用するメリットは大きいのです。

一般的には不人気な用務員の仕事のため、不良職員も多く採用されます。

職場で飲酒して帰宅中に飲酒運転で逮捕されたり、学校の備品を中古ショップで換金して免職になったりとする事例が多いのもそのためです。

そのようなイメージが先行してしまい、未だに用務員になる事が恥ずかしく思う人もかなり多く良い人材が集まらない中、用務員の試験に応募してくる現職や元ビルメンは、学校にとっては救世主なのです。



もし、ビルメンが用務員に転職したら?

前述のように、用務員の質は平均して低い状況にあります。

実は本来なら、業務上で様々な資格を必要とする場面は学校にも多く存在しますが、その大半は業者依頼で行います。

そんな中に、元ビルメンがやってくると、学校内の用務員業務の状況は一変します。

まず用務員の職場では、電気工事士2種ですら重要な有資格者になります。

校内の電気設備は自家用なので認定電気工事従事者以上の資格は必要ですが、そもそも用務員に電気工事士の有資格者が殆どのいないのが現状です。

また、無資格電気工事をする用務員も多く、時にはそれが原因で、校内でボヤ騒ぎすらあります。

そう言ったことから、電気工事士の資格を持った用務員が学校に来ると、学校としては有難い存在になります。




管理する施設の概要

用務員が管理する校舎の設備は基本的に、
  • 電気系
  • 消防設備
  • 警備関連
  • 水道設備
と、概ねビルメンの仕事と同じですが、その仕事内容は、業者対応の連絡係的なものが主体となります。

ビルメンの人に言わせれば、用務員の仕事とは独立系のマッタリ系の職場に近いそうです。

そのため、ビルメンから用務員へ転職した場合、設備関連については、そのまま応用が効き、新しく覚える事と言えば学校の校務に関することのみになります。



初任給は嬉しい誤算?

正規の用務員になると言う事は、地方公務員として採用されます。

採用案内のパンフレットにある初任給の表示は、高卒の場合だと15~18万円前後です。

しかしながら、その額はあくまでも何の経験もない18歳の初任給です。

多くの自治体では採用時、学歴や職歴を換算し直し初任給が決定するので、実は同期であっても年齢が違えば初任給が違う事は普通です。

例えば高卒で30歳、職歴10年位になれば、初任給(基本給)は、およそ22万円前後にはなると思います。

その場合、扶養家族がいてアパート住まいなら、その他の手当を入れると、初任給は約30万円前後になるでしょう。

実際に聞いた話で、「公務員になると今の給料より下がるから辞退した」という人もいます。

しかし実際には、表示された初任給で採用されるのは新卒だけで、既卒者で職歴がある場合はそれは正確な初任給ではありません。

これは職歴のある人が公務員に転職した時に経験する嬉しい誤算の一つです。

その後はエスカレーター式に昇給し、役職がなくとも、毎年6〜8千円は上がります。

もちろん、ボーナスは本俸に連動するので、年収ベースで言えば、毎年20万円程度アップしていきます。


学校の仕事は慣れれば単調

基本的に学校行事の流れは毎年大きくは変化しません。

そのため、初任時の一年間は多少は右往左往するものですが、翌年からは同じパターンを繰り返しなので、一度慣れると退職まで、ほぼ同じパターンを繰り返し続けることになります。

一度パターンがつかめば、先回りして業務を行えますから、計画的に業務を行えるようになれば、長期休暇も取れやすくなります。

最初の一年目は大変ですが、翌年からは自分の技能をアレンジしながら、様々な事が出来るようになります。

そう言った意味では、学校用務員の仕事とは、とてもクリエイティブな仕事とも言えます。


待機時間と休暇

学校用務員の仕事では授業時間の関係上、待機時間が多くなります。

細切れの隙間時間ではありますが、かなり多くの時間があります。

そのような待機時間を利用すれば、資格試験の勉強も可能です。

また、前述のように休暇は取りやすいので、資格試験や講習が平日でも問題がないく受講も可能です。

スキルアップと言う点では、学校用務員の職場環境は、実はとても適したものと言えます。



ビルメンテナンスから公務員への転職

もし、あなたがビルメンテナンスの仕事をされ、転職を考え中ならば、その選択肢の一つとして学校用務員をお勧めます。

つまり、正規の学校用務員の職員として公務員として採用されることを目指すと言う意味です。

近年、学校用務員の採用の殆どが非正規採用です。

しかし、自治体によっては、学校用務員の正規採用を行ってる所も少なからずあります。

学校用務員の募集が出ると大勢の人が応募し、とてつもない競争倍率のはなりますが、前述の受験者層のため、学生の頃に中間の成績の人なら、普通に受かる程度の試験です。

また、学校用務員ではありませんが、下水処理場や清掃工場の技術職としての採用は比較的に多く募集がされています。

近年は社会人採用枠(経験者採用)もあるので、それらも同時に考えると良いと思います。

ビルメンテナンスの職種の方なら、電気工事士、または電気主任技術者のような資格を保有している場合もあると思いますから、専門職試験の電気(高卒程度)なら多少勉強しとけば難は無いと思います。

ただ、公務員として採用される場合、必ず受験しないといけないのが教養試験です。

この教養試験の攻略方法は、実は至って簡単なのですが、何故か実践する人が少ないので、勝手に世間では難関だと言われています。


教養試験の攻略方法

あまりにも芸がないので信じられないと思いますが、以下の通りです。


  • 判断推理
  • 数的処理
  • 新聞を読む

これだけ勉強したら、公務員の採用試験は十分です。

理由としては上記の問題の出題ウエイトが多く、また苦手とする受験者が大半だからです。

つまり、多くの人が苦手とするものを攻略すれば、単純に自然に勝ち残ります。



問題集の一例

これらの問題集の中身は大きく変わりませんが、平均的に説明の理解しやすいものがこれらのものになります。

中古本でも特に問題なく学習に使えます。





また、数学に自信が無い場合、上記の物からではなく、ここから始めることをお勧めします。







種類別ー用務員の記事はコチラから