試験対策は夏で決まる


学校用務員(技能労務職)と一般の公務員(事務吏員)試験内容は違うことが多かった。

だが、過去の学校用務員の採用制度はなくなりつつある。

もし今後、学校用務員の採用が続くようなら、技能労務職ではなくなり、多くの自治体では一般採用と統合される可能性は高い。

その理由は国(総務省)からの指針がある。

早い話が、「技能労務職という形は無くしたい」と言っている。

そのため、現在の技能労務職の人員は、一般行政職(事務・技術)への任用替えが既に始まっているのだ。

そんな事情もあるので、今回は一般的な公務員試験についての記述になる。

いずれにせよ、今後は正規職員になる対策がよりピンポイントに絞れる。

考え方を変えれば、決して悪い話ではない。





さて、一部の例外を除き、人の能力には大差は無いと言われる。

だが、試験を受ければ合格する者と不合格者がいる。

一見、能力に差があるように見えるが、公務員の試験の実際は違う。

それは、日々の僅かな努力の積み重ねだけである。

もちろん、改めて書かなくても大半の人は、その事を理解しているだろう。

だが、行動が伴わないから、差が生まれる

そこが合否を分けるの差の一つである。



次に大切なのは、要領である


公務員試験に限らず、試験問題は問題は広範囲に及ぶものは多い。

その場合、殆ど出ない問題や、不必要な位に詳しく勉強してては、時間が足りなくなる。

だから、学習項目の取捨選択が必要になる。

確かに何事も詳しく知る(勉強する)事は良いことではあるが、


公務員試験合格には全く関係はない。


所詮、公務員試験とは、限られた時間内に数多くの正答を出すゲームに過ぎない。

その合格賞品が終身雇用である。(それ以外の目的などないが・・・)


つまり、採用試験の合否の差とは、

要領の良い学習方法の継続学習に尽きる。

そのためには、まずは自らが採用されたいと思う組織をよく知ることである。


自治体の公務員になる基本的なプロセスは、


  1. 募集
  2. 1次試験(五択の筆記)
  3. 2次試験(適正検査・面接・身体検査等)
  4. 合否発表

が多いとは思う。

2と3(適正)の試験については、殆どの自治体では外注問題である。

※参考:日本人事試験研修センター日本人事試験センターとは?


つまり、筆記試験など単なる選定である。

基本は学力を知りたい訳ではない。


だから、少なくとも自治体の試験のタイプや募集要項を調べ、それにあった問題集を探すことがまずは最初の一歩である。

ここを間違えると、いくら継続学習をしても効果は減ってしまう。


それと一般的にあまり知られてないが、政令市以上の規模になると、独自発行の手作り冊子みたいな様々な問題集があり、もちろん一般の人も買える。

県庁や市役所の売店とかにひっそりと売られているのだが、私も役所に入ってから初めて知った。

このような断片情報でも、知ると知らないでは違いがでる。

地味ではあるが、この繰り返しが合格につながる。

あなたの健闘を祈る。




独学で十分!
公務員になるための最短学習テキスト

知能問題


畑中敦子の数的推理の大革命! (公務員試験・専任講師シリーズ)
出版社: 東京リーガルマインド 
ISBN-10: 4844901974
ISBN-13: 978-4844901976

畑中敦子の判断推理の新兵器! (公務員試験・専任講師シリーズ)
出版社: 東京リーガルマインド 
ISBN-10: 4844901982
ISBN-13: 978-4844901983


計算問題のキホンから学ぶ


畑中敦子の算数・数学の超キホン!
出版社: 東京リーガルマインド (2006/1/6)
言語: 日本語
ISBN-10: 4844903942
ISBN-13: 978-4844903949



種類別ー用務員の記事はコチラから