学校用務員と年齢制限


先日、学校用務員になるのに年齢制限はあるのか問われ、もちろん答えは『ある』と、


しかし、それは雇う側の事情によるものだから、実は正確な年齢制限などはないです。


例えば、多くの公立学校の用務員なら、65歳未満まで受験が出来き、さらに言うなら正規の公務員として採用さらる用務員も、最近は59歳未満の受験も可能になっており、比較的に高齢でも合格してる様子です。

ただ、正規募集は若干名が今や普通なので、そのような機会がいつ訪れるか誰もわかりません。

そんな背景もあるため、公務員試験の受験テクニックが無しに受験する人が大半です。

よって成績もドングリの背比べであるため、運が左右する事も多くなります。

ですが、そのような状況である故、ちょっとだけ常日頃から公務員の採用試験の問題集なんか読んでおく事で、突然の採用試験の時に威力を発揮する事ができます。

問題集と言っても高卒程度の公務員試験の問題集をパラパラ見るだけ。

これこそが試験の時に発揮する実力であり、簡単に頭一つ抜ける簡単な方法とも言えます。


公務員の筆記試験とは、ある意味で運転免許の取得と同じ。

正しい方法で回答し、減点されないように運転するだけです。

つまり、テクニック(学力)を披露する場ではく、いかに減点されないと言うことが大切になります。

59歳未満なら今は誰にでも公務員になるチャンスはありますが、昔は国家3種は23歳未満までしか受験資格がありませんでした。

そう考えると、今はチャンスが多く昔より人生が簡単に変えられるとも言えます。



独学で十分!
公務員になるための最短学習テキスト

知能問題


畑中敦子の数的推理の大革命! (公務員試験・専任講師シリーズ)
出版社: 東京リーガルマインド 
ISBN-10: 4844901974
ISBN-13: 978-4844901976

畑中敦子の判断推理の新兵器! (公務員試験・専任講師シリーズ)
出版社: 東京リーガルマインド 
ISBN-10: 4844901982
ISBN-13: 978-4844901983


計算問題のキホンから学ぶ


畑中敦子の算数・数学の超キホン!
出版社: 東京リーガルマインド (2006/1/6)
言語: 日本語
ISBN-10: 4844903942
ISBN-13: 978-4844903949










種類別ー用務員の記事はコチラから