女性の学校用務員



女性の用務員がいることを知らない人は多いものです。

女性の学校用務員とはどのようなものか、そしてどのような仕事なのか。

今回はそれについて解説します。



そもそも用務員とは?


学校用務員は男性のイメージが強いものです。

しかし、実際には女性の学校用務員は多く存在します。

学校用務員の職種として採用されていますが、公立学校の場合には募集は市町村
が行います。

言わば、学校の用務員は、市役所の公務員として採用されます。


仕事内容

学校の用務員の仕事は、一応は男女関係ない事になっていますが、現実には仕事の男女差みたいなものはあります。

例えば、女子児童に関する手伝いに関しては、女性用務員が行う事がありますが、男性用務員は行わないように、適材適所の仕事を担当します。

また、女性は花壇や図書整理を得意とする人は多く、逆に男性は不得意な人が多い傾向にあります。

加えて、女性はハンドクラフトや絵画が得意だったりすると、小学校なら様々な催し物や掲示物に関する事も担当することも珍しくありません。


女性ならではの強みを生かす仕事とは?

学校では何かと、ほぼ毎月と言っていい位に催し物があるものです。

その準備には手間がかかるので、用務員も何かと担当する機会が多いものです。

一般的に用務員の仕事は単なる雑用と思われがちですが、実際には子供と関わることも多いものです。

そのように、子供と関わる(特に低学年)場合、やはり女性の用務員の方が何かと都合もよく、また子供も近寄りやすいのも事実です。

逆に高学年の場合、男性用務員の方が良かったりと、性別による適材適所があるように思えます。



用務員とは独特なポジション


用務員は教員と違い、子供から見れば第三者的な立ち位置です。

そのため、教員よりも用務員に本音を話す子供も少なくありません。

また、教員から見ても用務員は第三者的なポジションのため、教員からもそれなりに本音の話を聞くことは多くあります。

どちらにせよ、面白い立ち位置には変わりはなく、そう言った意味では退屈しない仕事かもしれません。


どのような用務員になるかはあなた次第

実は用務員の仕事とは、あなたの得意分野によって学校の環境は大きく変わります。

大げさかもしれませんが、学校用務員の仕事次第で大きく変わります。

私も様々な学校用務員を見てきましたが、やはり学校を見ると、そこの用務員の個性が見えてきます。

その個性、あなたの才能をどのように活かすによって、見えないところで救われる子供もいます。

学校が荒れる兆候を最初に見つけるのは、実は学校用務員です。

普段と違う、わずかな破損、わずかなゴミの散らかり、これらは異変の兆候です。

もちろん、プロである教師はその異変に気がつきますが、学校用務員も経験を積めば同等、もしくはそれ以上の臭覚が身につくものです。

正直、面倒な仕事ですが、それ以上の感動もあるかもしれません。




種類別ー用務員の記事はコチラから