用務員受験対策(職歴の記載方法)


臨時や嘱託職員の募集と言えど、近年では職歴の記載欄があるようになり、何と書いて良いものかわからないもの。

アルバイトは含めて良いものか迷ったりしたと聞いたこともあります。

今回は、そのような場合の対策についてです。



職歴ありの場合

そのまま普通に記載でよいです。


正規職員になる場合には、給与算定する都合、正確な職歴の記載をしないと後に初任給決定に影響します。


しかし、採用条件において給料支給額が定められている非正規タイプの職員の場合、そのような正確な職歴の記載は必ずしも必要ではありません。


もちろん、単に採用されることが目的ならば、職歴がある方が無いより心象は良いでしょう。


普通に社会人経験があれば、特に問題は無いでしょう。



職歴なしの場合

問題は職歴がない場合です。


しかし、公務員の試験には専業主婦も多く受検します。


専業主婦ですから当然無職ですが、採用試験で問題になることはありません。

なので仮に無職期間があっても、実は公務員になるのにあまり影響しないのが、一般企業の採用方法とは違うところです。

(その代わりに公務員としての適正は求められます)


また、学校卒業後、一度も就業経験がない場合、自営や自営の手伝いとする方法があります。


実際に家業(自営業)から転職した職員がいましたが、職歴は結講適当に記載(本人もよく憶えていなかった)したようです。


その場合、職歴を証明するのは自分自身または家族なので、本人がそうと言えば追及しようがないです。


逆に考えれば、職歴が無く何らかの職歴を記載したいなら、自営をしてた事にすればよいとも言えます。


例えば、ヤフオクなどの転売は立派な事業です。


そのような経験も職歴として記載すれば全く問題無ありません。


テストの回答用紙と同じで、何も書かなのが一番良くありません。


可能な限り、職歴欄を埋める工夫するべきでしょう。


自分がいる環境が必ずしも有利ではなくても、ルールの範囲内でどのように自身に有利に導けることを思考することは、用務員になるだけではなく、生きて行く上で大切な経験になります。


何でも「ダメでもと」


創意工夫を楽しむ余裕も持ちましょう。



終わりに

用務員と言えど公務員です。

もちろん、非正規採用でも「公務員」は公務員です。

そのためには、公務員の採用方法を知ることが採用対策への近道です。

公務員の採用に必要なポイントの詳細は、内容的にブログには書きにくいので、興味がある方はメルマガにて配信しています。






公務員試験 ブログランキングへ




種類別ー用務員の記事はコチラから